但し、残念なことに坂道が向かうハイスクールでは漫画

週少年チャンピオンで賞美連載センターのロードバイクを画題にした行為人格戯画!

千葉のとあるハイスクールに通う新入生の小野田坂道は俗にいう界隈の「失業」だった。中学の時分から失業道楽でまずまず近所ができず、高校としておんなじ失業道楽を持つ近所といっしょに秋葉原に行くことが夢だった。

但し、残念なことに坂道が向かうハイスクールでは漫画・戯画探索部は会員頻度の下降につき、尽力中止になっていた。坂道はいよいよ戯画探索部を立て直しさせようという努力するのだったがひょんなことから同級生の今泉に目をつけられることになる。

誠に坂道はロードバイクですら漕ぐことが難しい、斜ごと20百分率の坂道をママチャリで難なくのぼり。再度そのママチャリで往復90移動は距離のある秋葉原に通っていたのだった。

今泉や関西から引っ越してきた鳴子との顔合わせにより、どんどんとロードバイクの各国に魅了されて出向く坂道。今までただ走っているだけの自転車で「少なく走り回る味わい」を見つけた坂道はハイスクールの自転車競技部に入ることになる。

さまざまな困難を支えと共にクリアして赴き、知力を開かせる連中の服装は青春そのもの。忘れかけていた何かを奪い返したくなる最初冊だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です