親せきの持ち家は旧家でした

「堕エンジェルの子守唄」は、大いにもの悲しい話です。

とある不良女児が万引きを通じて、親が女児を迎えにくる日取りでした。ただし、親は迎えにくる途中で交通事故で亡くなってしまいました。そのため、女児は親せきの持ち家に姉妹という無くなるようになります。

親せきの持ち家は旧家でした。女児って同い年の優等生もある。その持ち家が狂った持ち家だったのは、すぐに判る事でした。

女児の次女は、優等生が大事にしていた妻の子守唄が入ったテープを壊してしまうのが事の出番でした。優等生はカンカンに怒ります。それがないと眠れないらしいです。その腹いせに、女児を倉に監禁してお湯をかけます。そうして、その悲鳴をテープに録音しました。それで寝付けるらしいです。また、交通事故で亡くなった妻の遺骨を粉としてご飯に振りかけるという狂人風だ。

女児は犬として育てられ、歯を削られて所見がでなくなる。女児の次女は優等生に洗脳されてしまう。なぜ女児がここまで我慢してきたというと、女児が対抗すれば次女を犬にすると言ってきたからだ。

ラストに旧家に火をかけて逃げた女児は、次女と共に脱走ビンゴとなります。但し集まった地域の人たちに次女は「姉が火をかけた。」と証言してしめだ。合計、次女のために我慢してやったのに…という悲しい課題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です