餃子構成は自由に!味方との集合が一層面白くなりますよ??

ホットプレートによる餃子集団にはまっていらっしゃる。元々は奥様が餃子誕生が得意で、来客に振舞っていたことから始めた機会ですが、今は参加者が自分なりのタネを仕込んで持ってきて、うちで包んで焼くのがお決まりの形になっています。普通の豚肉餃子も、野菜をニラにするか白菜にするか、それともキャベツにするかで歓迎は分かれますし、シソ餃子にすれば夏にぴったりの爽やか旨みが楽しめます。目下、我々が設けるのは牛肉とチーズ、ナツメグによる洋風餃子で、これも仲間の間で好評な献立のひとつになっています。そもそも「取り囲む」という処方箋は、簡単な上にワクワクする方法。おんなじ皮によるとしても、中に加える方法次第で献立の品質がさっぱり違う。たとえば、タネをサッパリ作らずにチーズだけ閉じ込めることもできますし、それはそれで酒のつまみにベッタリ、女性にも好評な一品になります。方法によっては餃子のタレからケチャップをつけた方がいい方法や、スープ餃子としてみたくなる方法もできたりする。新人も面白く参加できることも餃子集団の魅力の1つ。一つの監視に縛られることなく、いつも新しい製法を試行錯誤して楽しむこういう会を、これからも続けていきたいですし、それによって仲間の人脈も深めたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です